必要な情報

勤務医からの独立をする

これまで勤務医の立場として医療に携わり、様々な経験を重ねてきたことで、自身の手で地域医療のために開業をしようと志すこともあります。 これまでは充実した医療環境の中で分業の中で仕事ができていたことでしょうが、医院を開業するとなるとそれほど充実させることのできない医療環境の中で地域の患者の診察をすることになります。 また医院の開業は、医師であるとともに経営者の視点も必要になるわけで、はるかに重責を伴うことになってきます。 それでも地域の患者がクリニックを頼ってきてくれるようになることは、医療をする原点ともいえることで、開業をすることでとても医療に対するモチベーションをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

経営が成り立つかの分析を済ませてからの医院の開業

医院の開業は、土地を所有していればそこでも可能かもしれません。 しかし患者の側からすれば通院しやすい立地に、充実した医療設備が整っていることがありがたいものです。 勤務医当時の患者も訪れてくれるかもしれませんが、どの程度の患者が見込めて医院の経営が成り立つ商圏かということも分析しておかなければなりません。 医院を開業するということは、多分に社会的な責任を伴うことです。 もちろんそれに伴う多額の費用も必要になります。 経営がうまくいくように事前に十分に分析をしなければなりません。 どの様な医療機器を導入するのが患者のためになり、医院の経営に影響しないかということについても十分に分析を重ねてから、開業しましょう。